合同会社東京経営リフォーム HOME PROFILE 経営者の皆様へ ご相談案内 お問い合わせ
経営革新・経営改善をしたくてもできない。 そんな経営者のためのコンサルタント会社

孤軍奮闘している社長・経営者。参謀役はいますか?

●生花店A店の場合
花屋のA店は新規出店したもののお客さんがつかず頭を抱えていました。A店は以前にオフィス街に店を出していました。フラワーアレンジメントの腕がよく、会社の行事やOLさんたちの贈答用のニーズをつかんでいたそうです。
新たに出店した地域も一見するとオフィス街です。しかし大通りはビル街ですが、道を一本はいると閑静な住宅地という地域です。以前の地域に比べ企業数が圧倒的に少ないことにA店は気づいていませんでした。企業向けの高額で見栄えがする花を中心とした品揃えでした。顧客ターゲットを読み違えていることを告げました。主婦が喜ぶ、値ごろ感があり日持ちがする花を中心とするようにアドバイス。後日に伺うと、固定客がついてきたとおっしゃっていました。

● サービス業のB社の場合
サービス業のB社が顧客の伸び悩みに悩んでいました。接客の応対を観察すると、丁寧すぎてお客様との心理的な壁があるようです。結果、顧客との親密な関係作りが上手くいかなくなっていました。
「お客様は神様です」という考えが根深いサービス業ではよくあることです。お客様に友達のような感じで接する接客方針(ホスピタリティという考え方です)をお勧めしました。
当初は「お客様と対等の立場で接客する」という考えに抵抗感があったようです。しかし一緒に接客をしながら教えていると慣れてきたようです。いまではリピーターも増え、新たな顧客を連れてきてくれるという好循環となっています。当初に比べ売上が8割あがったと喜んでいただけました。

上の2つのケースの経営者はどちらも非常に優秀な方です。冷静になって考えれば、自ら解決策を見出せたでしょう。しかし冷静になること、それ自体が難しいことです。今までやってきたことに経営者自身の思い入れもあるでしょう。

さらに経営者に時間はないのが必定です。解決策を見出し、検討し、実践する。この一連の作業はとても時間がかかり、エネルギーも使います。経営者には目の前にやらなくてはならないことはたくさんあります。
経営のリフォームをひとりでやろうとしてもできる人は稀というのが現実です。

東京経営リフォームは、熱意がありながら時間がない経営者の皆様をサポートする会社です。右の記述のようなことでお困りの方はご遠慮なくご相談ください。

従業員の横領が心配だ
従業員による不正・横領行為はどの会社でも起こっている問題です。ただし不正・横領行為が起きやすい会社とそうではない会社には明確な差があります。
東京経営リフォームは犯罪心理学に基づく不正防止理論を加味しながら、あなたの会社に必要かつ実行可能な内部統制の仕組みづくりをご提案いたします。

親から事業を継いだ 
「親から事業を継いだが近代的な経営にしたい。でも古参の従業員も多く、経営も旧態依然としている」
二代目、三代目の経営者の方によくある悩みです。東京経営リフォームは親から継いだ基盤を活用しつつ会社を成長させようとするあなたをサポートします。

顧客を増やしたい(サービス業・飲食業・小売業向け)
「顧客満足が大事」「リピーターが重要」よくいわれることですが、やるとなると何をどうすればいいのかわからないものです。
東京経営リフォームではあなたの店の外部環境と内部環境を分析した上で、ベストな戦略&戦術を提案。
マーチャンダイジング、店舗改装、広告宣伝、ホスピタリティ指導など、実現までのサポートもお任せください。



Copyright(C) LLC Tokyo Management Reform All Rights Reserved